考察38【マイルス・デイヴィス】Four & More  アルバムレビュー 

 

 

スポンサーリンク

Four & More 概要と中山康樹さんの解説

George Coleman/ts Herbie Hancock/p Ron Carter/b Tony Williams/ds

1964年 Columbia

前回ご紹介のMy Funny Valentineと同日、同会場であるリンカーン・センター(フィルハーモニックホール)での録音の所謂、イッちゃってる系のヴァージョンのアルバムです。

一言でいうなら「疾走感」

ジャズは理屈ではない。ナンダカンダア~ダコ~ダいったところで、早い話、ただドバ~ッとやってくれればいいのだ。

中山康樹さん著 マイルスを聴け!Version7 P204 Four & More 冒頭より

この中山康樹さんの解説にきっと僕は救われました。

けっこうマイルスの聴き始め早い時期に僕はこのアルバムを手に入れて絶句していました。w

「なんなんだ、これもジャズか・・・汗」と・・・。

僕にとって聴き始めの頃はやっぱりA列車で行こうとかモーニンとかテイク・ファイヴとか、そういう類でした。

王道というかですね・・・

マイルスのアルバムでいうなら’Round about Midnight とかing四部作とかSomethin’ Elseとかやっぱり聴きやすくてかっこいい、Jポップやロックと全然違う!みたいな感じで喜んで聴いてました。

で、いろんなレビューを見て次はこの辺かなと思って手に入れたFour & More はハード・ロックやヘヴィメタルを超えるような疾走感あるスリリングさを感じましたが、これもジャズなの?と疑問にも感じ少し敬遠していたと思います。

でも後に中山さんマイルスを聴け!を手に入れて上記の解説を読んで、「そうか、ドバ~ッと」でいいのか・・・と思い聴きなおすといつのまにか僕のお気に入りの1枚になっていました。

気づくと疲れた体で仕事中の高速道路を走らなきゃいけないときなんかは、けっこうこのアルバムを聴いてマイルス・クインテットと疾走するようになりました(法定速度内で)。w

この中山さんの一文がマイルスを語る上でとても大事なのではないかと思います。

あの中山さんが言ったんですから・・・。「ドバ~」でいいんです。w

なんだこの曲?って思ったら「ドバ~ッ」としたものを感じるかどうかでその音を楽しめばいいのです。

合わなければ他のものを聴けばいい・・・それだけのことです。

この一文がなければマイルスにここまでぞっこんにはならなかったかもしれません。

そういう意味では中山さんは罪な人です。w

中山さんのおかげで芳醇なマイルスの世界を知ることができた僕なのでした。

そして中山さんの愉快で楽しく優しいマイルス解説は僕にとっては必須のものとなっています。

アルバムの曲順と本当の当日のセットリストについて

前回のブログでもご紹介しましたがFour & More も曲順は実際のライブと異なる編集された曲順となっています。

今回も曲順の対比表を載せておきます。

実際の曲順でもう一度聴きなおすなんてのも、なかなかマニアの楽しみかたかもしれません。w

http://mileskoukogaku.com/wp-content/uploads/2022/02/19640212.xlsx

ジョージ・コールマンの離脱

このライブの後、ジョージ・コールマンはマイルスバンドを離脱しました。

これら2枚のアルバムを聴く限りはもう既に最強のクインテットの完成という気がします。

小川隆夫さん新著「マイルス・ディヴィス大事典」の中でも、または僕の持っている日本版のCDのライナー・ノーツでもテナー・サックスがジョージのクインテットはソロイストと伴奏者のバランスが非常によいことを述べられています。

確かにこのあとは伴奏者が「出過ぎる感」があったり、ソロイストが過激すぎて伴奏者もソロイストに近くなってしまったりのアルバムも見られるところです。

ジャージの離脱は「マイルス・デイヴィス自伝」によるとマイルス自身が2つの理由があったことを語っています。

一つはドラムスのトニー少年はジョージがすべてを完璧に演奏してしまうからあまり好きではなかった・・・(この時期、マイルスは本当にトニーを中心にバンドを考えていたくらい彼を買っていた)

もう一つはジョージが言うにはトニーとハンコックとロンはフリーなスタイルでばかり演奏したがるからだったそうです。

マイルスは持病でセッションを抜けることもよくあったそうですが、残った4人で演奏をしたとき、ジョージは伝統的なジャズの演奏スタイルでしたが、あとの3人はフリージャズに傾倒してきていて、マイルスが抜けたときはそれが度を越えたらしいのです。

つまり音楽性の違いですね。

素晴らしいライブを残したのにこのようないきさつでテナー奏者が変わったことを自伝を読み返すことで知りました。

これで最強と思われたクインテットではありますが、さらに至上のセクステットがこの時期以降、出来上がっていくわけです・・・。それはまた後日のブログで・・・。

全般をとおして・・・

小川さんのおっしゃるとおりソロイストと伴奏者のバランスがいいライブアルバムだなと聴きなおして感じました。

僕のまだ買って間もないプラグドニッケルはやや行き過ぎなのかな?というふうにも感じてきました。

でもそれぞれのアルバムがそれぞれにいい・・・。マイルスはどこから聴いても、どれを聴いてもいいという中山さんの教えそのままだと感じ始めている僕です。

そう、ジャズはドバ~ッでいいのです。

ですので今日のブログはその言葉どおり、「ドバ~ッ」とあっという間に書きあげました。w

いつもの3分の1くらいの時間です。w

そしてブログの記事や言葉に詰まったらこれからもドバ~ッとでいいよね?中山さん!と呟いて、このブログのゴールを目指したいと思います。

本日も拙いブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。<(_ _)>

コメント

タイトルとURLをコピーしました